【26歳からの手紙】 拝啓 J.K.ローリング様

完結に向かって

お久しぶりです。
前回のメールでのやりとりが、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』だと思うので約2年ぶりですね。
それに気づけば第一作が発売されて10年以上になります。
初めてハリー・ポッターシリーズを読んだときは高校生でした。
当時はまさか21世紀になってハリー・ポッターが映画化され
世界中で大人気になるなんて夢にも思っていませんでした。
ファンタスティックな世界で広げられる少年・少女の成長と時にハラハラし魔法っていいな、
なんでも叶えてくれるという意味ではなく魔法の世界に漠然と憧れるという意味で、と思わされました。
ただ冷静に考えると大学受験も迫っていて魔法で合格しないかな!?
なんて友人と話した記憶もありますが・・・。

それに最近ですが・・・
ハリー・ポッターの映画が新作になるにつれて見に行く人が違うって私の性格に問題あるからでしょうか。。。
友人にはいいかげん落ち着けと言われ始めました。
私は落ち着いてもいいと思っているのですが・・・
どうしたらいいのでしょうか。。。


続きはこちら
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-08-02 23:10 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓 中田 英寿様

ワールドカップ・ドイツ大会から1年

去年の今頃、日本はドイツ大会で一勝もできないことなんて、
夢にも思っていなかった。信じてもいなかった。
これが去年の日本のワールドカップに対する日本の期待。
ひょっとしたらベスト8、いや今度こそベスト4と声も聞こえてきた。

そんな前評判とは裏腹な散々な結果。

それから7月3日の引退発表。

今日はワールドカップや引退から一年という節目に何を考え、
これからどういう取り組みや視点を持ってサッカーはもちろんのこと、
ビジネスにも関わっていくのかを少しでもお聞かせ願えたらと想い書いております。

早速ですが7月1日の香港返還10周年の記念マッチに出場される話題が飛び込んできました。
6月のフィーゴ・チャリティー・マッチと同様に
サッカーへの関わりが急に取りざたされていますが心境の変化があったのでしょうか。
個人的には引退した直後はワールドカップで最後という印象を持ちました。
そしてチーム内でのいろいろな話が出てくる中でもうサッカーはやらないのだと。
しかし国際舞台で多国籍ならもともとセリエAでプレーした実績を考えると昔に戻る感覚でありなのかなと今なら考えられますが・・・


続きはこちら
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-07-12 12:10 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓 小室 哲哉 様

10年前を振り返って

先日、G8がヘッジファンドの規制を新たに行うことや
日本政府もファンドの実態を見るために検討に入るそうです。
もともとファンドが日本に言葉として一般人の目に入ってきたのは10年前、
ちょうどアジア通貨危機でLTCM(ロング・ターム・キャピタル・マネジメント)の破綻前夜、
外資系ファンドがハゲタカファンドとマスメディアに叩かれ、
すべての不況の権現のように言われていた時代でした。

小室さんのREMIXアルバムがでることをネットサーフィンでキャッチすることができました。
ここで面白かったのはHIDE佐野元春の曲が使われていることです。
全10曲が小室系REMIXになっていることは大変興味深いです。
今から10年前、小室さんは大活躍でしたよね。
日本でプロデューサーという言葉を世間に認知させた第一人者でした。
まさにwith Tのブランドは一人歩きする異常とも言える状態が続いていたと思います。


続きはこちら
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-06-01 16:58 | 26歳からの手紙

【セミナー案内】 2007年6月15日/CSRとクライシスコミュニケーションのクロスポイント

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会様からのセミナー案内です。


第39回東京オープンセミナーを6月15日(金)に開催いたします。
テーマ「「CSR」とクライシスコミュニケーションのクロスポイント」
と題して、山中塁氏(旭化成不動産株式会社 代表取締役社長)の講演となります。

ご多忙かと存じますが是非ご参加くださいますようお願いいたします。
セミナー詳細・申込は以下ご高覧ください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          第39回 東京オープンセミナー
 --------------------------------- 
   「CSR」とクライシスコミュニケーションのクロスポイント
      -クライシス時に問われる、企業の社会的姿勢-
 ---------------------------------
      2007年6月15日(金) 講師:山中塁氏
     http://www.rmcaj.com/web_page/activity/index3.htm 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
◇セミナー概要
本講は、「CSR」について企業コミュニケーションの視点から考える。

企業は、企業活動を進める時、様々なステークホルダーとの係わりを持つこと
になるが、片寄りなく、全てのステークホルダーの満足と良好なコミュニケー
ション、関係性を追及することは、「CSR」の推進につながる。

企業と関わるステークホルダーは、幅広く多様である。一般に言う顧客、株主、
従業員、地域住民だけでは収まらない。時にはステークホルダー同士、利益相
反する場合もあり得る。特に何らかのクライシスが発生した時、これは顕著な
形で現われる。
例えば、工場の爆発火災事故が発生し、操業停止に陥ったとしよう。顧客(特
にBtoBの場合のユーザー)の立場からは、一日も早い操業再開と製品出荷が求
められる。しかし、近隣住民の立場からすれば、十分な再開防止策が施され、
安全が確認された上での再開を望むこととなる。企業は、この場合、双方に対
するアカウンタビリティを負わなければならない。しかし、時間的余裕のない
クライシス発生時には、往々にして企業(経営者)は社会サイドの利益を軽視
して企業利益サイドに立った態度や発言に傾斜し、マスコミからの批判の的と
なる。
この社会的利益サイドと企業利益サイドの攻防は、ほとんどの場合、前者が勝
利し、時により企業は致命的な傷を負う。

極限状態であるクライシスコミュニケーションの中でこそ、企業は社会の全体
最適に貢献するスタンスが求められる。これには企業の利益によって貢献でき
る一部のステークホルダーだけではなく、それ以外の全てのステークホルダー
から求められているものにも応え、良好なコミュニケーションを構築しようと
する日常的な企業姿勢が最も大切である。

本講は、「コーポレートコミュニケーションリスクマネジメント」と言う概念
をベースにクライシスコミュニケーションの事例を通じ、企業理念としての
「CSR」の重要性を説く。

◇日 時:2007年6月15日(金)
     18:30開演(開場18:00 終了20:45予定)

◇会 場:リスクマネジメント教育センター5Fセミナー室
     東京都千代田区麹町4-5桜井ビル5F TEL03-3265-6244
http://www.almac.co.jp/page_html/main/mado/map_almac.html
◇講 師:山中 塁 氏
 旭化成不動産株式会社代表取締役社長、当協会理事

◇参加費:協会ホームページ・または参加申込ページをご参照ください。

◇主 催:NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会

☆詳細は以下サイトをご覧ください。
http://www.rmcaj.com/web_page/activity/index3.htm 

☆申込ページ
https://www.s-db.jp/entry?k=d15a17de66ade2e72328976b54c0126e7DD%2CIE


何卒、宜しくお願い致します。
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-23 00:00 | セミナー案内

【経営】 ここにいるYO!

度々ですね。
これ系の話題は特にブリトニーは作品を出していないだけに、
どしても本業以外で自分自身をアピールしていかなくてはならないと思っている
んでしょうか。広報的にはOKなんでしょうか。
ただでメディアに露出できますから。。。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000691-bark-musi

対してアブリルはアルバムをだしたばかりだしアルバムプロモーションでは
限界もあるってわけでの露出!

これも広告戦略的にはコストなしでなんて効率的なんでしょう(笑)
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-21 23:14 | 経営

【危機管理】 ヘッジねぇ。。。

1997年のアジア通貨危機時に本当に悪者にされたヘッジファンドこんどは
G8にわるものにされそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000213-yom-bus_all

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000438-reu-bus_all


原油高が依然続いているからでしょうか。。。
どこかを悪者にしなきゃやってられない!?のは悲しい世の常というところか。



もともと日本でのヘッジファンドはアジア通貨危機時に本当に悪者されました。
けど資本主義として正しいのはファンドの方ですから、間違えてはいけないんですね。
ただここに愛国心とかあると、なんか外資ファンド=ハゲタカというような図式化をして
自分たちを守るようにしてしまうわけです。

話は少し飛躍しますが銀行に公的資金を入れたところで世論は国を守るためというような
話になりましたが銀行は私的会社ですよね!?
それに税金を入れた時点でおかしいのです。


間違った経営をバブル時にしておいて、ツケを税金なんて・・・





ここで外資ファンド=ハゲタカとういような隠れ蓑に使ったわけです。
広報戦略としては・・・


お見事といった感じですが。。。


一般的に日本人は投資に向かないと言われているわけですから、
まだまだ国際社会ではおとなしくしておいた方が見のためなような気がしますけど・・・
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-20 23:13 | 危機管理

【経営】 感情コントロール

プロは感情をコントロールするといいますが・・・
これは特にスポーツでのメンタル面での話。




最近ではビジネスにも応用されつつありますが、
さて今回のモー娘。辻ちゃんの結婚は吉とでますか凶とでますか???

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000011-oric-ent

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070508-OHT1T00103.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000007-nks-ent

ただ一連の流れをみると、
事務所側のマネジメントの問題のような気がしますが・・・

なぜなら通常の会社でもプロの上司なら部下の所作を
逐次把握しておけるというもの。

今回は芸能界で起ったことであったとはいえ、
色恋沙汰は格好の餌食だけにリスク管理が
いまいち浸透していなかったことが露呈してしまった形になったと思われる。



今後もタレントを所属させる以上、
同様のリスクは引き続き起ることが考えられる。


早期対策を打ち、
これ以上の事務所の評判低下を止めておいてほしいところである。
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-10 09:06 | 経営

【経営】 暑い・熱い・厚い


最近、急に気温が上がっていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
本当に電車の中が“暑く”て朝から

「あ~もう帰りがけのビールを早く飲みたい」

という気分になってしまいます。



*****
さて、そろそろ反撃してもいいですか?



この言葉はマーケティングリーダーのDoCoMoが使うなんて・・・
かなり意外です。
だからこそ今後のDoCoMoの動きが“熱い”ことが予想されるわけです。


http://docomo2.jp/top.html

http://www.nttdocomo.co.jp/





しかも今度のDoCoMoのCMでは
こんなにもタレント層が“厚い”みたいです。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0705/07/news034.html

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070423/269252/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000023-zdn_m-mobi
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-09 08:54 | 経営

【26歳からの手紙】 拝啓、Google様

日本には5月初めにGW(ゴールデンウィーク)と呼ばれる長い休みの期間があります。
働きすぎの日本人には正月以来の気が抜ける瞬間です。

気が抜けすぎて5月病といわれる“会社に行きたくない”“学校に行きたくない”といった
ちょっとした病気が流行る頃でもあります。
家でゆっくりした人、家族で出かけた人、帰省した人が現実に戻れなくなる時です。

私もGWにどこか現実逃避ができないかを考え、
日夜、GoogleEarthで世界に出かけ
本当に行って見たい場所を探しています。。。(笑)

何より、
この手紙では世界中に飛び火している御社(Google)が起こしている革命を
少しでもWeb上のデータとして残しておきたかったからこそ筆をとらせて頂くことにしました。


続きはこちら
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-08 07:49 | 26歳からの手紙

【危機管理】 瞬殺・・・ですか!?


アメリカの即断人事って結構、日本人には怖いもんですよね!?
だって明日から来なくていいって・・・



そして僕は途方にくれてしまいます。(By大沢誉志幸
もちろん夕陽を見ながらねん(笑)


そんなわけで今回の人事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000022-dal-spo



これは考えさせられる。
責任を的確に捉えてるともいえるし自己責任なんじゃないの???
ともいえるから。
コンディショニングコーチの成果は選手の健康状態なんかだろうが、
選手もプロでしょってことなんだよね。


ただ人事の波及効果ってはかりしれない影響を組織にもたらすもの
だからなんかしらの策を考えてのことなんでしょう。

今後のヤンキースの快進撃に期待です。
[PR]
# by yuimarl-net | 2007-05-03 08:51 | 危機管理