【26歳からの手紙】 拝啓 J.K.ローリング様

完結に向かって

お久しぶりです。
前回のメールでのやりとりが、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』だと思うので約2年ぶりですね。
それに気づけば第一作が発売されて10年以上になります。
初めてハリー・ポッターシリーズを読んだときは高校生でした。
当時はまさか21世紀になってハリー・ポッターが映画化され
世界中で大人気になるなんて夢にも思っていませんでした。
ファンタスティックな世界で広げられる少年・少女の成長と時にハラハラし魔法っていいな、
なんでも叶えてくれるという意味ではなく魔法の世界に漠然と憧れるという意味で、と思わされました。
ただ冷静に考えると大学受験も迫っていて魔法で合格しないかな!?
なんて友人と話した記憶もありますが・・・。

それに最近ですが・・・
ハリー・ポッターの映画が新作になるにつれて見に行く人が違うって私の性格に問題あるからでしょうか。。。
友人にはいいかげん落ち着けと言われ始めました。
私は落ち着いてもいいと思っているのですが・・・
どうしたらいいのでしょうか。。。


続きはこちら
[PR]
by yuimarl-net | 2007-08-02 23:10 | 26歳からの手紙
【26歳からの手紙】 拝啓 中... >>