カテゴリ:26歳からの手紙( 6 )

【26歳からの手紙】 拝啓 J.K.ローリング様

完結に向かって

お久しぶりです。
前回のメールでのやりとりが、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』だと思うので約2年ぶりですね。
それに気づけば第一作が発売されて10年以上になります。
初めてハリー・ポッターシリーズを読んだときは高校生でした。
当時はまさか21世紀になってハリー・ポッターが映画化され
世界中で大人気になるなんて夢にも思っていませんでした。
ファンタスティックな世界で広げられる少年・少女の成長と時にハラハラし魔法っていいな、
なんでも叶えてくれるという意味ではなく魔法の世界に漠然と憧れるという意味で、と思わされました。
ただ冷静に考えると大学受験も迫っていて魔法で合格しないかな!?
なんて友人と話した記憶もありますが・・・。

それに最近ですが・・・
ハリー・ポッターの映画が新作になるにつれて見に行く人が違うって私の性格に問題あるからでしょうか。。。
友人にはいいかげん落ち着けと言われ始めました。
私は落ち着いてもいいと思っているのですが・・・
どうしたらいいのでしょうか。。。


続きはこちら
[PR]
by yuimarl-net | 2007-08-02 23:10 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓 中田 英寿様

ワールドカップ・ドイツ大会から1年

去年の今頃、日本はドイツ大会で一勝もできないことなんて、
夢にも思っていなかった。信じてもいなかった。
これが去年の日本のワールドカップに対する日本の期待。
ひょっとしたらベスト8、いや今度こそベスト4と声も聞こえてきた。

そんな前評判とは裏腹な散々な結果。

それから7月3日の引退発表。

今日はワールドカップや引退から一年という節目に何を考え、
これからどういう取り組みや視点を持ってサッカーはもちろんのこと、
ビジネスにも関わっていくのかを少しでもお聞かせ願えたらと想い書いております。

早速ですが7月1日の香港返還10周年の記念マッチに出場される話題が飛び込んできました。
6月のフィーゴ・チャリティー・マッチと同様に
サッカーへの関わりが急に取りざたされていますが心境の変化があったのでしょうか。
個人的には引退した直後はワールドカップで最後という印象を持ちました。
そしてチーム内でのいろいろな話が出てくる中でもうサッカーはやらないのだと。
しかし国際舞台で多国籍ならもともとセリエAでプレーした実績を考えると昔に戻る感覚でありなのかなと今なら考えられますが・・・


続きはこちら
[PR]
by yuimarl-net | 2007-07-12 12:10 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓 小室 哲哉 様

10年前を振り返って

先日、G8がヘッジファンドの規制を新たに行うことや
日本政府もファンドの実態を見るために検討に入るそうです。
もともとファンドが日本に言葉として一般人の目に入ってきたのは10年前、
ちょうどアジア通貨危機でLTCM(ロング・ターム・キャピタル・マネジメント)の破綻前夜、
外資系ファンドがハゲタカファンドとマスメディアに叩かれ、
すべての不況の権現のように言われていた時代でした。

小室さんのREMIXアルバムがでることをネットサーフィンでキャッチすることができました。
ここで面白かったのはHIDE佐野元春の曲が使われていることです。
全10曲が小室系REMIXになっていることは大変興味深いです。
今から10年前、小室さんは大活躍でしたよね。
日本でプロデューサーという言葉を世間に認知させた第一人者でした。
まさにwith Tのブランドは一人歩きする異常とも言える状態が続いていたと思います。


続きはこちら
[PR]
by yuimarl-net | 2007-06-01 16:58 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓、Google様

日本には5月初めにGW(ゴールデンウィーク)と呼ばれる長い休みの期間があります。
働きすぎの日本人には正月以来の気が抜ける瞬間です。

気が抜けすぎて5月病といわれる“会社に行きたくない”“学校に行きたくない”といった
ちょっとした病気が流行る頃でもあります。
家でゆっくりした人、家族で出かけた人、帰省した人が現実に戻れなくなる時です。

私もGWにどこか現実逃避ができないかを考え、
日夜、GoogleEarthで世界に出かけ
本当に行って見たい場所を探しています。。。(笑)

何より、
この手紙では世界中に飛び火している御社(Google)が起こしている革命を
少しでもWeb上のデータとして残しておきたかったからこそ筆をとらせて頂くことにしました。


続きはこちら
[PR]
by yuimarl-net | 2007-05-08 07:49 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓、澤上篤人様

異常気象なんて言葉が使われてきましたが今までは実感はありませんでした。
ただ今年は春分の日が過ぎ三寒四温ということなんて感じることもなく、
四季を感じる日本の良さが失われつつある今春ですがいかがお過ごしでしょうか。

私はこの季節になるとどうしても自分の卒業や入学を思い出してなりません。
特に2000年に大学入学した時に流行っていた福山雅治の「桜坂」を思い出します。
たぶん自分が学生として過ごせた4年間のスタートにあった曲だからでしょう。

それより情けない話ですがもう少し勉強をしてきた方が良かったなという後悔を
少しでも取り戻したいとの焦りがあるからでしょうか。
それはこんなにもファイナンスが面白いことに当時、気づかなかったことに残念だと感じているからでしょう。


続きはこちら
[PR]
by yuimarl-net | 2007-04-01 17:18 | 26歳からの手紙

【26歳からの手紙】 拝啓、カルロスゴーン様

今年は例にない暖冬で驚かれたことでしょうか、
私は毎年の楽しみであるウインタースポーツが出来ないことが
残念でならない年になってしまいました。
しかし今日みたいな春に近い陽気の中を
御社のスカイラインで国道134沿いをドライブするのは悪くはありません。
むしろちょっと早い春への“SHIFT-spring”を楽しんでおります。

続きはこちら

[PR]
by yuimarl-net | 2007-03-06 23:02 | 26歳からの手紙