<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

【危機管理】 テッテイテキニパクル

【TTP】ってなんだよ!?

って本屋で立ち読みしていて思いました。


【TTP】とは『Tettei Tekini Pakuru(テッテイテキニパクル)』だそうです。

立ち読みなんで、
どこの企業で使っているかは忘れましたが大手企業で実際使われている手法みたいです。


「それTTPしよう」みたいに使われるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061021-00000039-nks-ent
にて、この騒動。。。

芸術活動には使えないんですか?!TTPは(笑)
徹底的じゃなくてもいいと思うんですが…


著作権という権利の侵害になりますし。


ただ、換骨奪胎という言葉もあるくらいで、
昔の作品を昇華して現在の作品として世の中に広めるという考え方も
ある気がするんですが…
(丸々パクルとはちょっと意味が変わってはきますけど)




これくらいでパクリといっては
オレンジレンジ(=アレンジレンジ様)・Bz・大塚愛といったアーティストは
終わってしまいます。
(詳しくはGoogleって下さい)

【今日のリスク】
作品は次世代にパクられてしまうもの
⇒だからモノによって対策が必要

【今日のチャンス】
パクって、先人の偉大さを感じ。
先人に恥がないいいものを世に送り出すこと
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-29 10:37 | 危機管理

【セミナー案内】 11月9日/第2回ゆいま~るオープンセミナーのご案内

第2回ゆいま~るオープンセミナーイベントになります。

http://www.rmcaj.com/web_page/top/yuimaaru2.htm


◆セミナータイトル:

データ解読のコツ


◆セミナー概要:

世の中には膨大の量のデータ(情報)があふれてます。
その情報の中で、
自分が本当に必要としているデータは何なのでしょうか?
さらに、そのデータを正確に読み取ることができているのでしょうか?


正確にデータを読み取ることにより、
自分の打つべき手(=リスク対策)が見えてくるのです。

今回は、【家電製品業界】を例にあげ、
“販売データ”と“消費者調査”からを
具体的なデータの読み方例をご紹介いたします。


◆日時:2006年11月9日(木)
    開演19:30 (開場19:00)

◆会場:リスクマネジメント教育センター セミナールーム
    千代田区麹町4-5 桜井ビル5F

◆参加費:無料

◆参加方法:

 下記ホームページ参加申込フォーム
 (一般用参加申込フォーム)からご登録ください。

http://www.rmcaj.com/web_page/top/yuimaaru2.htm

◆講師紹介: 平岡 卓郎 氏

GfK マーケティング サービス ジャパン株式会社
コーポレート企画本部 グローバルアナリシス部 シニアアナリスト

関西大学卒業後、証券会社に入社。
和光経済研究所に出向後、調査部門にて企業リサーチを担当。
2003年GfKジャパンにアナリストとして入社。
2005年8月から現職。

【最近の講演活動】
◇CEATEC JAPAN
 http://www.ceatec.com/2006/ja/visitor/co_track_ad.html
◇『デジタル家電市場と、今注目のキーデバイス』セミナー
 http://consul.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/gc01/seminar/2006/0922.html

みなさま、奮ってご参加ください。



◆主催:リスクマネジメント勉強会【yuimarl-net】
       http://yuimarl.exblog.jp/
◆協力:NPO法人リスクマネジャー&コンサルタント協会
       http://www.rmcaj.com/
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-25 01:01 | セミナー案内

【危機管理】 わが子の行方

http://www.president.co.jp/book/X765-0.html

“プレジデント Family [vol.1]”が、なんとなく気になります。

結婚なんてさらさら興味ないですけど何か?www


さてさて。

いい学校・いい会社に入って…
さらには早くに成功するなんてことになった場合には…


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060823-00000005-eiga-ent


成功すると…

成功した後までしっかりとケアしていくことが親、いやここまでくると
マネジメント側がする必要があると思うんですよ。


せっかくの商材がどんどん悪名がついていくわけですから。
イメージ戦略も無料じゃできないんですし。


成功することはそれだけの努力が報われたということ、けど
せっかくの成功に傷を自分でつけることが他人にも迷惑をかけることを
彼ぐらいのネームバリューになったら


自己管理じゃなく、他己管理の必要性がでてくることを忘れてはいけない
じゃないだろうか。
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-23 10:31 | 危機管理

【危機管理】 勝利の女神


前回、【危機管理】で“カッコ良く⇔カッコ欲”を書いてから・・・。

「おいおい、オヤジに厳しくないか!?」

との声から今回は女性ネタで。



単純に気になったことですが、
あなたはどんな人がタイプ(恋人対象)ですか?


私は“運のある人”

これが大事です。
運の悪さは移るから嫌なんです。これは思いっきり主観ですけど。。。
但し、自分が他人からどんな風に見られているか。
これはメチャクチャ大事だと思うんですよね。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4106101378
運の悪さってどんなところから感じるかを個人的に考えてみると。
大きく2つありました。

1.下向きに歩く人
2.ネガティブな考えの人


こういう人を否定するわけではなく、あくまで個人的なことです。
さらに2.ネガティブな考えの人ってリスクセンスありますよね。



顔が明るい人は回りも幸せにしますからね。
ホントに大事。

http://www7.ocn.ne.jp/~kmb/pic/expression2.html
みたいのもありますしね。

【今日のリスク】
運の悪さを顔にだすこと

【今日のチャンス】
辛くても笑顔は本当だった
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-22 19:26 | 危機管理

【危機管理】 カッコ良く⇔カッコ欲

いきなり、
オレはこんなオヤジになりたいランキングっ!


1位:柴田恭平
2位:ジャン・レノ
3位:元LEONの編集長



ってな具合です。
1位は不動ですね。ここ10年変わってないし。w

【あぶない刑事】は永遠っす。



なことで、今日はカッコイイオヤジって外見も伴ってカッコイイんだよね。
憧れだったりします。

だけど最近、電車の中で急増中のオヤジはどでしょうか?!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4106101378
なんてあるけれど。

かなり中途半端オヤジが急増したと思うんですね。
それはCoolBizの影響!!!

シャツは暑いからって襟高いやつだったり、
ボタンの色が違うもので揃えていても、スーツ&靴がダサい。

スーツとシャツと靴で、1setじゃないですか。
せっかくシャツを変えてオシャレになっている(?)なら、
全体を変えちゃってみてはどうなのかなって思ったり。
新しいものを取り入れるほどに長生きや若返るそうですし。
(⇒刺激って大切みたいです、ハイ)

CoolBiz⇒WarmBizに変わる時期だし。
気分転換してみませんか。

【今日のリスク】
変われなくて時代においていかれちゃうこと。
オヤジくさくなったと影で言われること

【今日のチャンス】
人は見かけで9割決まる!⇒なら外見はカッコよく⇒女の子からモテる!?
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-16 23:18 | 危機管理

【経営】 おいしそうなのでいただきまーす!

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/11/news068.html

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/10/news006.html

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/10/news021.html

http://www.google.co.jp/


時代の寵児と謳われたlivedoorもびっくりのIT企業同士の合併!
なんだかスゴイことになりました。

何がすごいって金額と起業からの年数!!!



その中でも注目されているのがGoolge自体にもともと同じようなサービスがあって
You Tubeと“どう両立されるのか”ということ。
また最近では規制も多くかかってきたが“著作権”の問題が企業として大きなリスク。
“著作権”についてはアメリカでは昔から音楽の無料交換だったり、
社会問題となってきた背景がある分、どんな社会が方向性になるかわからないことがだらけ
(そりゃ未来予測なんて出来ないしね)。



個人的にはGoogleの目的が“すべてをデータ化”することであるから、個人が撮る映像一つでもデータ化していくということが企業理念にかなっていると思うし、
どんなリスクがあっても企業は成長していくためには多くのリスクがあって当たり前だと思うんだよんねぇ。
だから前向きにGoogle評価して良いのではないかとw
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-14 23:10 | 経営

【経営】 隊長っ!ニッチ発見っすっ!!!

http://saw-3.jp/

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/hollywood_stars/

http://www.saw2.jp/

http://www.sawmovie.jp/


超問題作!!!

はっきり言ってぶっ壊れています。
「なんじゃこりゃー」ってのが正直な感想。。。
そんな映画シリーズです。

発想がありえない感じです。
ホラーとは違った、恐怖があります。




ただ毎作、話題になるのはそれだけ世間が注目しているということ。



人が作らないような作品に仕上げることでNo.1を勝ち取る(=ニッチ戦略)
のいい例です。

ダケド、セイコウシスギ


過去の事例で言えば
キル・ビルなんかもそうです。タランティーノしか撮れない超B級作品!
だけどタランティーノが撮るから話題になる。
ホラーだと、ブレアウィッチ・プロジェクトも続編はさほど話題にならなかった
とは言え、十分にホラーでの“ブレアウィッチ・プロジェクト”ブランドを
つくったものと言えます。



【今日のリスク】
ニッチしすぎて市場がないこと

【今日のチャンス】
No.1になれちゃうこと
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-10 23:47 | 経営

【セミナー案内】 10月22日/「組織風土変革による実効力のある内部統制の確立」のご案内

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会様ならびに、
株式会社シー・シー・アイ様からの内部統制関連セミナーのご案内になります。

--------------------------------------------------------------------

今回は当協会法人会員の株式会社シー・シー・アイとの共同開催セミナーの
ご案内です。
「組織風土変革による実効力のある内部統制の確立」と題して、数々の企業の
組織風土改革を実践してきた㈱シー・シー・アイhttp://www.cci-network.com/
の平尾貴治氏を講師に風土改革のノウハウを、実際に体験しながら学ぶことを
目的に実施します。
詳細は以下ご覧ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ●○ 実践リスクマネジメント教育1Dayコース ○●
 ----------------------------------
         組 織 風 土 変 革 に よ る
     実 効 力 の あ る 内 部 統 制 の 確 立
 ----------------------------------
     2006年10月22日(日)  講師:平尾 貴治氏
     http://www.rmcaj.com/web_page/activity/index2.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

◇講演概要
 組織が人間の集合体である以上、根底にある文化・風土にまで切り込まない
限り、本当の変革はありえない。2006年5月に新会社法が施行されるなかで
多くの企業が「内部統制」の構築に取り組んでいるが、内部統制の6つの構成
要素の一つとしての「統制環境」とは「組織風土」とも換言できるのではない
か。
 真に実効力のある内部統制を確立するためには、統制環境の整備すなわち
「組織風土変革」がその要諦となる。
 本セミナーでは、多くの企業・団体のコンサルティングの実践を通じて得て
きた風土改革のノウハウを、実際に体験しながら学ぶことを目的に実施する。


●当日プログラム概要
 ・実習「職場の現状診断」
 ・講義「職場診断後のアプローチの手法」
 ・集団討議実習「会議の生産性」
 ・講義「会議のコンテントとプロセス」
 ・自グループのプロセスの振り返り

◇日 時:2006年10月22日(日)
     10:00開演(開場9:30 終了17:00予定)
◇会 場:リスクマネジメント教育センター セミナールーム
     千代田区麹町4-5 桜井ビル5F
◇講 師:平尾 貴治氏
    (株式会社シー・シー・アイ コアコンサルタント社会保険労務士)
◇参加費: 31,500円 (テキスト代・資料・消費税を含みます)

☆詳細は以下サイトをご覧ください。
http://www.rmcaj.com/web_page/activity/index2.htm


--------------------------------------------------------------------
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-09 00:16 | セミナー案内

【危機管理】 格差社会の相続

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061003-00000082-mai-bus_all

格差社会はくると思います。
なぜなら竹中大臣が小泉政権時代に推し進めた(みたい…)だからです。(笑)

だから安倍首相は再チャレンジ社会を作ろうとしている(はず…)なのです。



まぁ政治の話はここまでとして、
問題の格差社会は単純に年収だと思うのですが、
この年収って子供にまで与えるリスクの影響が大きい気がしてなりません。


というのも…


年収が多い

¥がある

教育費に¥をかけられる

子供の成績が良くなる

いい学校にいける

チャンスが広がる


という方程式にも似た図式完成。
となる気がしてならないのです。
しかもこの図式は親⇒子⇒孫とスパイラルで続いていくような気もします…



もちろん“すべては子供次第”です。
ただ余計なリスクをもたせるのは親としていかがなものでしょうか。



だから
いい人生を、
少しでも苦労が少ない人生を子供に送ってほしいので私はせっせと働きます(笑)
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-07 23:48 | 危機管理

【危機管理】 使い方1つで・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061003-00000502-yom-int

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/gun_shooting/

アメリカでの銃での悲惨な事件は、1年に何件起きればいいのだろう。

本当に止められないのだろうか。
そしてアメリカは、ブッシュは止めようとはしないのだろうか。



アメリカ社会の背景には銃は護身という考えもある。
この“護身”というのがキモではないだろうか。
日本にも未成年が護身として持っていたものでの殺傷事件はある。


困った時に武力にでるのは人間の常である。
しかし攻撃を守るのもまた武力なのである。
“武力保持”と“武力での防御”はイタチゴッコの関係である。


今回の事件で言えることは、
困ったときに武力に頼ってしまわないためにも武器は身近に置かない。
これが銃犯罪や類似事件に発生を防ぐリスク回避になるはずである。


無抵抗な人への攻撃は何よりも重い罪である。

世界(国)が平和になりますように!
PEACE!
[PR]
by yuimarl-net | 2006-10-06 23:47 | 危機管理