【経営】 USENから見る“Gyao”の存在意味

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006062301002797.html

http://www.usen.com/admin/corp/news/pdf/2006/060621_3.pdf

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=134123&lindID=1


Gyaoの無料放送にも多額の先行投資が行われている。

USENは、無料放送を継続していくためには、
どこからか資金の調達していかなくてはいけない。

しかしこのUSENからのIR情報(上URL②参照)を見ると
コンテンツ制作が多様に求められるので新展開の事業のように移る。

しかしこれはUSENの大きな広告塔を作ったことになる。
一つの事業に大きな意味を一つも二つも加えたことになっている。

現に日経プレスの記事(上URL③参照)もダイレクトには表現していないが
Gyaoはあくまで窓口のレベルにすぎないといっているようである。

しかし重要なのは無料でかつ視聴者に
娯楽を与える広告塔のやくわりをしている点は
今までの広告戦略と違った意味あいがあり今後の展開が楽しみである。
[PR]
by yuimarl-net | 2006-06-25 23:34 | 経営
<< 【経営】 株主だけ見る経営者 【リンク集】 NPO法人 日本... >>