【『人』を扱う】 ホントの教育って何ですか?

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060923k0000m040032000c.html

その背景には
親からのプレッシャーや、生徒との距離感の問題である
「教員の立場の弱化」や、
生徒数は激減し、学校数は減っているが
職を失うことはないという理論のもとにある
「波風立てないほうが良い風土(とくに国公立)」等があるのだろう。

ダメなものはダメだと教えることのできない
“フレンドリー”とは違う“ただの馴れ合い”の状況。

それはまさに【適切な教育指導ができてないリスク】である。




そんな状況が“進路関係”にまで響いてきているというのだ。

【ゆとり教育世代】な為、自分で考えることが難しくなっている生徒。
求人状況(参照:【『人』を扱う】 採用目的って何ですか?)を見て、
少しでも大きい企業へという親の意見(それは当然なのだろうが・・・)
それに押しつぶされ、
「すべて生徒に任せてありますから」と浅い部分での発想⇒質の低下。

生徒のニーズを聴いて《未来》を紹介できていない現実と
親の機嫌を伺わなければいけない弱さ。


そんな中で開始された求人OPEN
一発目の試験解禁が、毎年9月16日。
(今年は土曜日だったので19日が多いらしいです。)



さてさて、希望通りの結果はでましたか?

けど、本当の希望通りとは、
有名企業に合格することができたことではなく、
生徒の個性を発揮させることのできる企業に入社し、
働く楽しみを生徒自身が見出すことができたかどうかですよね。



若い素晴らしいパワーを生かすも殺すも
企業側だけに任せていいのだろうか?

学校側でも本当の深い意味での“送り出すこと”について
もう少し検討し、使命感を取り戻してほしい。

と、私は企業サイドから願う。

とくに【大学全入時代】と言われている今だからこそ!
[PR]
by yuimarl-net | 2006-09-22 23:28 | 人財リスク
<< 【危機管理】 飲んだら飲まれてる 【危機管理】 食す!吉野家、牛... >>